出典:デジタル大辞泉(小学館)

山野の境界・利用をめぐる村落間の争論。江戸時代に頻発し、耕地開発の進展による、山野を供給源とする刈り敷き秣 (まぐさ) などの肥料の不足から生じる場合が多い。やまろん。