出典:デジタル大辞泉(小学館)

三論を典拠とする仏教の宗派。起源はインドで、の思想を説く。鳩摩羅什 (くまらじゅう) によって中国に伝えられ、隋末・唐初のころ、僧吉蔵が中国十三宗の一として完成。日本には推古天皇33年(625)、吉蔵の弟子慧灌 (えかん) によって伝えられ、智蔵・道慈が入唐帰朝して、南都六宗の一となる。実践より思弁的要素が強く、平安時代以後衰退。空 (くう) 宗。中観宗。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉