出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「こそ」は口調をよくするために添えたもの》あきれ果てて、全く好意が持てなくなる。