出典:デジタル大辞泉(小学館)

content scrambling system》再生専用のDVDなどで採用されていた著作権保護技術の一。松下電器産業(現パナソニック)、東芝を中心に策定。映像ソフトのコンテンツそのものが暗号化されて記録され、再生用の機器やソフトウエアの暗号鍵により解読される。平成11年(1999)に解読用のソフトウエアが開発されたため、使われなくなった。