出典:デジタル大辞泉(小学館)

ししゅ(旨趣)」の慣用読み。

「心の底に―を残すべきにあらず」〈高野本平家・二〉