出典:デジタル大辞泉(小学館)

content protection for prerecorded media》再生専用のDVDなどで採用されている著作権保護技術の一。IBM、インテル、東芝、松下電器産業(現パナソニック)により策定。違法コピー防止のため、映像ソフトのコンテンツそのものが暗号化されて記録され、再生用の機器やソフトウエアの暗号鍵により解読される。一方、書き換え可能なDVDなどでは、CPRMが使われる。