出典:デジタル大辞泉(小学館)

和歌の百首などで、趣向をこらすことなく軽く詠んだ歌。平凡な歌で秀歌を際立たせる働きがあるところからいわれる。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉