あいそ‐づかし【愛想尽かし】 の意味

  1. 相手に対して好意や愛情をなくすこと。また、それを示す言葉や態度。「愛想尽かしを言う」
  1. 浄瑠璃歌舞伎世話物における類型的場面の一つで、女が義理のため、愛する男と無理に縁を切るというもの。また、その演出様式。