しお‐まち〔しほ‐〕【潮待ち】 の意味

  1. 船の航行に適した潮を待つこと。
  1. よい時機・機会を待つこと。
  • 名詞
  • しお‐まち〔しほ‐〕【潮待ち】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 朝の中長崎についた船はその日の夕方近くに纜を解き、次の日の午後には呉淞の河口に入り、暫く蘆荻の間に潮待ちをした後、徐に上海の埠頭に着いた。

      永井荷風「十九の秋」