出典:デジタル大辞泉(小学館)

幾何学模様。丸・三角・四角などを基本とした単純なものから抽象画風の複雑なものまである。