出典:デジタル大辞泉(小学館)

    1. ㋐シカ科の哺乳類。日本にすみ、ヤクシカホンシュウジカなどの亜種があり、北のものほど大形。雄は3または4本に枝分かれした角をもつ。毎年4月ごろ前年の角が落ちたあと、袋角が伸び、9月ごろ完成した角となり皮がむける。幼時および夏毛には白斑があるが、冬毛では消失。古くは雄を「しか」、雌を「めか」といった。ニホンジカ。か。かせぎ。かのしし。しし。 秋》「青年―を愛せり嵐の斜面にて/兜太

    2. ㋑偶蹄 (ぐうてい) 目シカ科の哺乳類の総称。雄は枝角 (えだづの) をもち、毎年生え替わる。ヨーロッパ・アジア・南北アメリカに分布する。ニホンジカ・アカシカトナカイヘラジカなど。

  1. 《揚げ代が十六文であったところから、「四四」を「鹿 (しし) 」にこじつけたという》江戸時代、大坂の遊里で、大夫天神に次ぐ遊女の位。鹿恋 (かこい) 。囲。

  1. 寄席芸人用語。咄家 (はなしか) のこと。「はなしか」を略して、鹿の字を当てた語。「鹿芝居」