じ‐か〔‐クワ〕【磁化】 の意味

  1. [名](スル)
  1. 磁界内に置かれた物体が磁気を帯びた状態になること。また、その強さ。帯磁。
  1. 陶磁器の生地が溶けてガラス状になること。

じ‐か〔‐クワ〕【磁化】の慣用句

  1. じかきょくせん【磁化曲線】
  1. じかりつ【磁化率】
    • 磁界内に置かれた物体の磁化の強さMと磁界の強さHの比。磁化率をχとすると、M=χHで表される。常磁性体では正、反磁性体では負となり、磁界の強さにほとんど依存しない。強磁性体では消磁状態から初磁化率という一定の値をとり、さらに磁界を強めると磁気飽和に達する。帯磁率。受磁率。磁気感受率。