出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 仏語。4種の戒め。作法どおり戒師から受戒し戒体を得て悪業 (あくごう) を除く解脱 (げだつ) 戒、色界四禅に入ることによって止悪の働きを得る定共戒、見道以上の聖者が得る道共戒、三毒を断じて悟りを得る断戒。

  1. 剣道で、心の邪念として戒めている、驚く、恐れる、疑う、惑うの四つ。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉