出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 鹿木 (しかぎ) 」に同じ。

    1. 「行くへも遠き山陰の、―の道の険 (さが) しきに」〈謡・紅葉狩

  1. 狩りをするとき、獲物が逃げないように人々が並び立って垣をつくること。〈日葡