しか‐の‐しがらみ【鹿の柵】 の意味

  1. 《「鹿の作った柵」の意で》ハギの別名。
    • 「河水に―かけてけり浮きて流れぬ秋萩の花」〈新古今・秋上〉