出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 膜翅 (まくし) 目ジガバチ科の昆虫。体長約2センチで体は黒色、膨らんだ腹の基部は赤色。地面に巣穴を掘り、ヨトウムシシャクトリムシなどを狩って取り込み、これに産卵して幼虫のえさにする。翅 (はね) を動かす音がジガジガと聞こえる。すがる。腰細蜂 (こしぼそばち) 。 春》

  1. ジガバチ科の昆虫の総称。体は中形で黒色、腹の付け根は細い。地中や竹筒に巣を作り、小昆虫を狩って幼虫のえさとする。ジガバチ・ツチスガリアナバチなど。