出典:デジタル大辞泉(小学館)

《副詞「しか」+係助詞「」から》

[接]
  1. 前述の事柄を受けて、さらに別の事柄を加えるときに用いる。その上。「あの方は私の恩師で、―命の恩人だ」

  1. 前述の事柄を受けて、それに反する帰結を付け加えるときに用いる。それなのに。それでも。「あれだけ練習して、―勝てなかった」

[副]そんなにまでも。
    1. 「三輪山を―隠すか雲だにも心あらなも隠さふべしや」〈・一八〉