しがらき‐やき【楽焼】 の意味

  1. 信楽地方から産する陶器。鎌倉初期のころ成立、室町時代に茶の湯の勃興 (ぼっこう) とともに注目された。現在は雑器から茶器までが作られる。