出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《連語「しかるべし」の連体形》
  1. (連体詞的に用いて)適当な。ふさわしい。「然る可き人に相談しなさい」

  1. (「…てしかるべき」の形で)当然である。当たり前だ。「君は謝罪して然る可きだ」