出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ある時刻と他の時刻との間の長さ。ある長さをもつ時。「この仕事は時間がかかる」「待ち合わせの時刻まで映画で時間をつぶす」

  1. 時の流れの中の、ある一点。時刻。とき。「時間どおりに開会する」「出発の時間に間に合う」

  1. 時の長さを数える単位。時 (じ) 。「1時間は60分である」

  1. 授業や勤務など、ある一定の区切られた長さの時。「算数の時間」「勤務時間」

  1. 哲学で、空間とともにあらゆる事象の最も基底的、普遍的な存在形式。また出来事が継起する形式。過去・現在・未来の三様態をもち、常に一方向に経過し、非可逆的である。近世以降の哲学的時間論では、空間とともに現象を構成する直観の先天的形式(カント)、意識の創造性を担う純粋持続(ベルクソン)、意識における広がりのある今の継起たる現象学的時間(フッサール)など特色あるものが出されている。→空間

  1. 現象が経過していく前後関係を明示するための変数。古典力学では空間に対する独立した変数と見なされたが、相対性理論では空間とともに四次元の世界をつくるとされる。

[補説]書名別項。→時間