出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)あれこれ思いはかること。考えをめぐらすこと。
  • 「重吉も自分には―すべからざる一種の感に打たれて」〈柳浪・河内屋〉

出典:青空文庫