出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 二つのものに挟まれた部分や範囲。あいま。「雲の間から日がさす」「東京と横浜の間を走る電車」

  1. ものとものとを隔てる空間、または時間。間隔。あいま。「間をあけて植える」「雷鳴が間をおいて聞こえる」

  1. ある範囲の一続きの時間。「眠っている間に雨はやんでいた」

  1. 物事・現象などの相対するものの関係。「夢と現実の間に大きなへだたりがある」

  1. 人と人との相互の関係。間柄。仲。「夫婦の間がうまくいかない」「労資の間をとりもつ」

  1. ある限られた集合や範囲。…の中。「社員の間にうわさが広まる」

  1. ある範囲内における双方からみた中間。「間をとって三万円にしよう」

  1. (接続助詞のように用いて)原因・理由を表す。現代では文語文の手紙などに用いる。ゆえに。から。ので。「平穏に暮らし居り候間御休心くだされたく」