しき‐でん【職田】 の意味

  1. 律令制で、中央の大納言以上および国司郡司大宰府官人などの地方官に官職に応じて支給された田。大宝令では在外諸司のものは公廨田 (くがいでん) といったが、養老令ではすべて職田といった。原則として不輸租。職分田 (しきぶんでん) 。しょくでん。→不輸租田