出典:デジタル大辞泉(小学館)

特定またはすべての色を識別することが困難な状態。現在は、色覚異常2色覚などの呼称を用いる。

[補説]程度により全色盲・色盲・色弱などの呼称が用いられた。学術的には、色覚に関与する3種類の網膜錐体細胞のすべて、または2つが機能しない状態を1色覚(いわゆる全色盲)、1つが機能しない状態を2色覚(いわゆる色盲)、1つの分光感度特性が通常と異なる状態を異常3色覚(いわゆる色弱)という。

出典:青空文庫