あい‐たい〔あひ‐〕【相対】 の意味

  1. 当事者どうしがさし向かいで事をなすこと。「相対で話をつける」
  1. 対等であること。対等で事を行うこと。
    • 「―よりも少し自分を卑下したお辞儀をした」〈有島・星座〉
  1. 合意すること。互いに納得した上であること。
    • 「男と―にて乳母に出でける」〈浮・織留・六〉
  1. 連歌・俳諧で、前句に相対して同じ趣向で句をつけること。春に秋、山に野でつける類。相対付け。

あい‐たい〔あひ‐〕【相対】の慣用句

  1. あいたいうり【相対売(り)】
  1. あいたいがい【相対買(い)】
  1. あいたいじに【相対死に】
    • 男女二人が申し合わせて自殺すること。江戸幕府の法制上の用語。情死。心中。
  1. あいたいずく【相対尽く】
    • 互いに承知して事を決めること。相談ずく。
  1. あいたいすましれい【相対済令】
    • 江戸中期、享保の改革で発布された法令の一。金銭貸借の訴訟は当事者間で解決させることとしたもの。
  1. あいたいそうば【相対相場】
  1. あいたいとりひき【相対取引】
  1. あいたいばいばい【相対売買】