出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸中期ごろから流行した、地口を書いた行灯。多くは戯画を描き添え、祭礼の折などに路傍に立てたり軒先に掛けたりした。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉