出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸中期に流行した雑俳の一。地口に、それと関係の深い戯画を描き添えたもの。点者が秀作を選び、勝ちとする。

[文学/江戸時代までの文学]カテゴリの言葉