出典:デジタル大辞泉(小学館)

イタリア南部、シチリア島、シチリア自治州の町。同島南部、ラグーサの南方約25キロメートルに位置する。古代ギリシャ以前の先住民シクリ人の町に起源する。17世紀の大地震により大きな被害を受けたが、サンイニャツィオ教会、サンマッテオ教会、ベネベンターノ宮殿をはじめ、その後の復興により再建されたシチリア‐バロック様式の建物が多く、同島南東部の八つの町が2002年に「バル‐ディ‐ノートの後期バロック様式の町々」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。