あいたい‐じに〔あひタイ‐〕【相対死に】 の意味

  1. 男女二人が申し合わせて自殺すること。江戸幕府の法制上の用語。情死。心中。
  • 名詞