出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 生体に働きかけ、なんらかの反応を起こさせる薬剤。

  1. 人の心に働きかけて、行動を起こさせたり、気持ちに影響を与えたりするもの。「その失敗がよい刺激剤になった」