出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 《「論語」憲問の「夫子時ありて然るのちに言う」から》適切な時機に言う言葉。

  1. 時局に関して述べる言葉。時の言葉。