出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「醜足 (しこあし) 」の略かという。「四股」は当て字》相撲の基本動作の一。まず両足を開いて構え、足を左右交互に高く上げ、このとき手をひざに当て、力を入れて地を踏む。力足 (ちからあし) 。「四股を踏む」