あいたいすまし‐れい〔あひタイすまし‐〕【相対済令】 の意味

  1. 江戸中期、享保の改革で発布された法令の一。金銭貸借の訴訟は当事者間で解決させることとしたもの。