出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 考えること。経験や知識をもとにあれこれと頭を働かせること。「思考を巡らす」「思考力が鈍る」

  1. 哲学で、広義には、人間の知的精神作用の総称。狭義には、感覚や表象の内容を概念化し、判断し、推理する知性の働きをいう。

  1. 心理学で、感覚や表象の内容を概念化し、判断し、推理する心の働きや機能をいう。

出典:青空文庫

出典:gooニュース