出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]
  1. 極限・極致に達していること。この上ないこと。また、そのさま。

    1. 「―の貧生で、…按摩をして凌いで居る者がある」〈福沢福翁自伝

    2. 「女道衆道の―をあらはす要文」〈浮・禁短気・二・目録〉
  1. きわめて道理にかなっていること。また、そのさま。至当。

    1. 「兄を殺そうとした自分が、かえって犬に食われて死ぬ。これより―な天罰はない」〈芥川・偸盗〉

    2. 「これでごきげんの直るやうにと、―なる事を申し出だせば」〈浮・親仁形気・一〉
  1. 他人の意見などをもっともだと思って、それに従うこと。納得。

    1. 「母が言葉をひとつも忘れなといへば、娘も是を―して」〈浮・織留・二〉

[副]その状態・程度が、これ以上はないというところまでいっているさま。きわめて。まったく。「至極便利である」「至極ごもっとも」
[接尾]形容動詞の語幹や状態性名詞に付いて、この上なく…である、まったく…だ、などの意を表す。千万 (せんばん) 。「残念至極」「迷惑至極だ」

出典:青空文庫

出典:gooニュース