出典:デジタル大辞泉(小学館)

芥川竜之介の小説。大正7年(1918)発表。地獄変相の屏風 (びょうぶ) 画を描くために、愛する娘の焼死をもいとわない絵師良秀を通して、芸術至上主義者の悲劇を描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉