出典:デジタル大辞泉(小学館)

同一人が代理人としての資格と自身の資格とを使い分けて成立させる契約。例えば、ある人から土地売却の代理権を与えられた者が、自らその物件の買い主となって契約を締結するような場合をいう。民法は原則として禁止しているが、債務の履行の場合は認められる。→双方代理