出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「し」はサ変動詞「す」の連用形。「仕」は当て字》

  1. 何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。「やりかけの仕事」「仕事が手につかない」

  1. 生計を立てる手段として従事する事柄。職業。「将来性のある仕事を探す」「金融関係の仕事に就く」

  1. したこと。行動の結果。業績。「いい仕事を残す」

  1. 悪事をしたり、たくらんだりすること。しわざ。所業。「掏摸 (すり) が集団で仕事をする」

  1. 《「針仕事」の略》縫い物。裁縫。

    1. 「お前急に一つ―をしてくれんか」〈紅葉多情多恨

  1. 力学で、物体が外力の作用で移動したときの、移動方向への力の成分と移動距離との積。単位はエネルギーの単位ジュール、その他ワット秒・ワット時など。

[補説] 
2015年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2015」キャンペーンでの「仕事」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆なんだかんだ言って生き甲斐だったりする。
ハルヲさん

◆あらゆる場面で使われている「言い訳ネタ」の王道。
陽一郎タニーさん

◆ブラックでも駄目、ムショクでも駄目。
ハルクマさん

◆自分、あるいは家族のために頑張るもの。ただし、時には家族との大切な時間をも犠牲にしてでも頑張らないといけないもの。
しゃけ缶さん

◆やればやるほど増えるもの。
のびたさん

◆終わりが待ち遠しくて、始まりは憂鬱なもの。
すぅさん

◆自分でやろうと決めた行動。その意味では自発的なものだけでなく、指示された内容も含む。福沢諭吉は世の中で一番楽しく立派なことは一生涯を貫く仕事を持つことであるとしている。
かぁじぃさん

◆社会の中での自分の「役割」を見つけ、同時に自分の「志」を実現する手段。
rakuhitoさん

◆与えられると窮屈になるもの。みずから掴み取るとワクワクとしてくるもの。
みままさん

◆生きがいでもあり、生きる糧を得るための手段でもあり、己を見つめ直すための修行でもある、人としての真っ当な営み。
ばってら子さん

出典:青空文庫

出典:gooニュース