出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. しこり1ができる。

    1. 「胃のうしろから腰へかけて、…ぎこちなく―・っていたので」〈里見弴・安城家の兄弟〉

  1. 物事に熱中する。

    1. 「何れも我一 (われいち) と―・りかかって責め念仏を申し」〈咄・露がはなし・四〉

  1. 動詞の連用形に付いて補助動詞的に用い、盛んに…する意を表す。

    1. 「雨の降り―・る後は風と見定め」〈浮・置土産・四〉