出典:デジタル大辞泉(小学館)

企業会計で、資産の価額を一定時点において算定すること。評価の基準には原価基準(取得原価)を用いることが多いが、時価基準、または低価基準(原価と時価とを比較していずれか低いほうをとる方法)を用いる場合もある。

[社会/経済]カテゴリの言葉