出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「論語」衛霊公から》志士仁者は、自分が生存するために、人の道に背くようなことはしない。