じ‐し【侍史】 の意味

  1. 貴人のそばに仕える書記。右筆 (ゆうひつ) 。
  1. 《直接渡すのを遠慮して、右筆を通じて差し上げる意》手紙の脇付 (わきづけ) の一。宛名に添えて敬意を表す。
  • 名詞
  • じ‐し【侍史】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・太宰治様侍史

      太宰治「虚構の春」

    • ・・・中條百合子  富澤有為男様      侍史 一九二七年八月十九日〔京都市上京区小山堀池町一八 湯浅芳子宛 新町より〕 十九日午前十一時 もやあさん もう今頃は、万象館で、借浴衣におさまって居る時分でしょう・・・

      宮本百合子「日記・書簡」