出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 屋根の棟飾りの一。棟の両端に置く瓦で、山形の綾筋があり、上方に経の巻 (まき) と称する丸瓦3個をつけたもの。神社・宮殿・邸宅などに用いる。

  1. 能面の一。獅子を表すもの。口を大きく開き、きばをむき出す。「石橋 (しゃっきょう) 」に用いる。

  1. 竹製の花器 (かき) の一。一重切りで、生け口が獅子の口のように横に広がっているもの。置き花や掛け花に用いる。

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉