出典:デジタル大辞泉(小学館)

中国の思想書。

もと23編であったが散逸。戦国時代の子思著。「中庸」はその残存部分といわれる。
1巻。宋の汪晫 (おうたく) 編。「中庸」その他の古典から、子思の言行を集録し、内編・外編に分けたもの。