出典:デジタル大辞泉(小学館)

原始経典。1巻。後漢の迦葉摩騰 (かしょうまとう) 竺法蘭 (じくほうらん) の共訳。仏教倫理を42章に分けて、教訓的に説いたもの。中国に伝わった最初の経典とされるが、疑経 (ぎきょう) ともいわれる。異本も多い。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉