出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 相撲で勝負をきめる技の総称。古法では、頭による反り、手による捻 (ひね) り、腰による投げ、足による掛けの四手に、それぞれ12種の変化があるとする。現在、日本相撲協会は、82種を決まり手と定めている。→決まり手

  1. 目的をとげるための、種々の手段・駆け引き。「セールスの四十八手を尽くして売り込む」