出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「しじょう」とも》律令制で、中央諸官庁や諸国の主典 (さかん) の下に属し、公文書の書写や修理などに従った下級の書記官。一分 (いちぶ) の官。ふみびと。しせい。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉