出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形ク]

  1. おもしろみがない。無愛想である。

    1. 「心よからず―・きものに思ひ給へる」〈・夕霧〉

  1. 遠慮がない。ぶしつけだ。

    1. 「世を思ひ給へ乱るることなむまさりにたると―・くぞうれへ給ふ」〈・宿木〉

[補説]語源は「愛立つことなし」の意か。一説に「あいだち」は間隔の意の「あひだち(間立ち)」ともいう。