出典:デジタル大辞泉(小学館)

平安京内裏の正殿。即位朝賀節会 (せちえ) などの諸種の儀式や公事 (くじ) を行った。入母屋造 (いりもやづく) りで南面し、中央の階の左右に左近の桜右近の橘 (たちばな) がある。殿内中央に高御座 (たかみくら) 御帳台 (みちょうだい) があり、その後方に賢聖障子 (けんじょうのそうじ) が立つ。南殿 (なでん) 。前殿。ししいでん。→十七殿

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉