あい‐だて〔あゐ‐〕【藍建て】 の意味

  1. 藍染めで、水に溶解しない藍玉 (あいだま) をアルカリ溶液で還元させ、水に溶ける白藍 (しろあい) にし、染色できる状態にすること。